25875cbfa6f2063a0cbbf9989e8827f5
オッサンの絵日記

東京散歩☆国立・国分寺☆

2018/09/15 08:19 昼ごはん 旅行・お出かけ 趣味 くらし

先日、JR中央線の国立駅周辺を散歩してきました。



国立(くにたち)は、国分寺と立川の間にあるということで、国立という名前になったとか。

オレのイメージは、「セレブが住む街」。

最初の写真は、駅南側の真っすぐな道、緑が多く区画整理された綺麗な街です。



そんな駅南側を少し歩いていくと、某国立大学の広大な敷地が広がります。

http://www.hit-u.ac.jp/index.html

大学の敷地内に国の登録有形文化財が3つあるので、それを見てきました。

1920年代、1930年代に建てられた建物、風格がありますね~☆

今も使っている建物もあり、それもスゴいと思います。



国立駅の北側には、鉄道総合技術研究所(以下、鉄道総研)という施設があります。

昔、JR中央線から鉄道総研への鉄道(引き込み線)があったらしく、その痕跡を辿りました。

綺麗な緑道沿いには、旧国鉄の鉄道用地の境界杭(通称「エ」マーク)があるだけでなく、もっと分かり易く緑道入口にレールを残すニクい演出、たまらないデス♪

ちなみに、レールの刻印を確認すると、1998年製造の新日鐵製で、そんなに古いモノではありませんでした。



廃線跡を辿って、最後は鉄道総研です。

ここまで来ると、住所は国分寺市になります。

https://www.rtri.or.jp/

どんな研究をやってるんだろうと思い、HPを見てみましたが、色んな研究をやってことは分かるものの、内容は難しくてよく分かりませんでした。



鉄道総研の対面に、国分寺市の施設で「ひかりプラザ」という所があり、そこに0系新幹線がありました!!

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/machi/midokoro/1002884.html

しかも中は、冷房が効いた展示室になっていて、昔懐かしい切符切りを展示していたり、年表があたり、なかなか面白かったデス☆

年表によると、新幹線計画の最初は、1907年(明治40年)らしいです。

終戦前には、弾丸列車計画と言ったらしく、時代を物語ったネーミングですね。

この辺りの住所は国分寺市光町、鉄道総研で新幹線ひかり号を開発したことが町名の由来だそうです。

https://natchaman.cookpad-blog.jp/articles/360112

ちなみに0系新幹線は、他にも展示保存してることを なっちゃまんサンのブログで知りました♪

皆さんの街にも保存されてるかも!?



この日、散歩の前に少し遅い昼食を国立で食べました。

https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13198644/

こちらのお店は、以前国分寺や西国分寺で旨かったラーメン屋で、国立にも新店舗ができたことを知っていたので、一度行ってみたかったんです♪



オレが注文したのは、「こくニボ特撰中華そば」。(1000円)

動物性+魚介系のストライクな味、やっぱりココの系列は、旨いなぁ~♪

煮干しの味が強くて、それがまたイイですね☆

チャーシューも柔らかくて最高!!

あ~、この記事を書いてると、腹が減ってきた。。。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください